植物学への招待

メディカルハーブの植物学、栽培、人との関わりについてご紹介いたします。

オオバコの植物学と栽培

今回は、オオバコの特徴や栽培方法などを、植物学の視点で解説します。 分類・名称 分類 オオバコ(大葉子、車前草)はオオバコ科(学名:Plantaginaceae、英名:plantain family)オオバコ属(Plantago)の植物で、狭義には Plantago asiati・・・

2021.03.30
ネトルの植物学と栽培

ネトルの植物学と栽培 今回は、ネトルの特徴や栽培方法などを、植物学の視点で解説します。 分類・名称 分類 ネトル(nettle)は欧州原産のイラクサ科(学名:Urticaceae、英名:nettle family)イラクサ属(Urtica)の植物で、学名は Urtica dioi・・・

2021.03.12
カモミールの植物学と栽培 世界各国に多数存在する “カモミール”と名のつく植物

カモミールと名のつく植物は、いずれもキク科に属し、Matricaria(マトゥリカリア)属やChamaemelum(カマエメルム)属、Cladanthus(クラダントゥス)属など数属に分かれて存在します。マトゥリカリア属には25種、カマエメルム属には4種、クラダントゥス属には5種・・・

2021.01.23
マルベリーの植物学と栽培

今回は、マルベリーの特徴や栽培方法などを、植物学の視点で解説します。 種類・名称 いろいろなマルベリー マルベリーはクワ科(Moraceae)クワ属(モルス属、Morus)植物であり、クワ科にはクワ属以外にイチジク属、コウゾ属、パンノキ属などがあります。 クワ属は、The Pla・・・

2021.01.20
ミントの植物学と栽培

今回は、ミントの特徴や栽培方法などを、植物学の視点で解説します。 分類・名称 分類 ミント(mint)はシソ科(Lamiaceae(旧:唇形花科Labiatae))メンタ属(Mentha)の総称 です。科名のLamiaceaeは、科を代表するタイプ属のLamium(オドリコソウ属・・・

2021.01.14
チェストベリーの植物学と栽培

今回は、チェストベリーの特徴や栽培方法などを、植物学の視点で解説します。 分類 チェストベリー(chasteberry)は、ウィテクス属(Vitex;和名はハマゴウ属)に属し、 かつての新エングラー体系やクロンキスト体系ではクマツヅラ科(Verbenaceae)に分類されていまし・・・

2020.12.25
セントジョンズワートの植物学と栽培

今回は、セントジョンズワートの特徴や栽培方法などを、植物学の視点で解説します。 種類・名称  セントジョンズワートの仲間 セントジョンズワートはオトギリソウ科(Hypericaceae)オトギリソウ属 (Hypericum)植物で、広義にはオトギリソウ属植物の総称で用いられ、狭義・・・

2020.12.20
ティートリーの植物学と栽培

今回は、ティートリーの特徴や栽培方法などを、植物学の視点で解説します。 分類 ティートリー(teatree)はオーストラリア原産のフトモモ科(ラテン名:Myrtaceae、英名:myrtlefamily)メラレウカ属(Melaleuca)植物で、学名はMelaleucaalter・・・

2020.10.31
ソウパルメットの植物学と栽培、 人との関わり

分類・名称 ソウパルメット (saw palmetto) はヤシ科 (Arecaceae) セレノア属 (Serenoa) で、セレノア属は 1 属 1 種、ソウパルメットのみです。 学名はSerenoa repens(W. Bartram) Smallです。シノニムには Ser・・・

2018.03.01
ハーブといえばまずはシソ科か?(4)──シソ科のハーブを属別に

シソ科のハーブ(4) ヨーロッパから新大陸に渡った人たちは、合衆国内を中心にアメリカ大陸の山野にハーブを探索し、あるいは先住民族が用いていた薬草などを調べ、ヨーロッパ産のハーブの代用ともいえる新顔のハーブを見出していった。今や新大陸生まれのハーブのいくつかは逆にヨーロッパや日本に・・・

2018.03.01
シソ科のハーブを属別に(3)

240属に分類される6,700種がシソ科の陣容である。前報でも指摘したように、花は多くの種が、唇弁状の花冠をもつ。多くの種では二強雄蕊(didynamousstamens)と呼ばれ、4本ある雄しべのうち、2本がほかの2本よりも長く、加えて子房は深く4つに割け、花柱がそのまん中につ・・・

2017.12.01
ホーソンの植物学と栽培、人との関わり

分類・名称 ホーソン(hawthorn)は広義にはバラ科(Rosaceae)サンザシ属(Crataegus)の総称であり、狭義にはCrataegus monogyna Jacq.(以下、モノギナ)とC.laevigata(Poir.)DC.(以下、ラエウィガータ)の両方を、最狭義・・・

2017.12.01