2021.12.31.

季節のハーブを楽しむレシピ 
#14 バニラビーンズ
贅沢かぼちゃプリン

東京家政大学生活科学研究所客員研究員

橋詰奈々世

身近にあるハーブを使って料理を楽しみましょう。
夜のくつろぎタイムにぴったりの
バニラビーンズを使ったデザートをご紹介します。

材料(17㎝パウンド型1台分)

かぼちゃ 200g
牛乳 150g
卵黄 2個
バニラシュガー 50g
生クリーム 120g
グラニュー糖 30g
バター 適量

バニラシュガーの作り方

保存容器などにグラニュー糖とバニラビーンズを一緒に入れて香りをつける。または、使い終えたバニラビーンズのさやを乾燥させ、グラニュー糖と合わせてミルサーで粉砕してもOK。

作り方

❶鍋にグラニュー糖と、同量の水を入れて加熱する。カラメル色になったら火を止め、大さじ1の湯を入れて、内側にバターを薄く塗ったパウンド型に入れて冷蔵庫で冷やしておく。

❷かぼちゃは蒸して皮を取り除き、裏ごしする。

❸ボウルに卵黄をときほぐし、バニラシュガーを加えてすり混ぜる。

❹牛乳と生クリームを鍋で沸騰直前まで加熱し、③に少しずつ入れて均一になるように混ぜ合わせる。

❺かぼちゃに④を少しずつ加えてよく混ぜたら、①の型に流し入れ、湯を張った天板にのせて160℃のオーブンで45~60分湯煎焼きする。

❻焼き上がったら粗熱をとり、冷蔵庫でしっかりと冷やす。

memo

かぼちゃの代わりにさつまいもなどを使ってもおいしく作れます。

東京家政大学生活科学研究所客員研究員
橋詰奈々世 はしづめななせ
東京家政大学生活科学研究所客員研究員。管理栄養士。2018年石川県立大学にて博士(生物資源環境学)取得。金沢学院短期大学食物栄養学科助教などを経て、現職。19年より宇都宮短期大学食物栄養学科非常勤講師(調理学・調理学実験)。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第58号 2021年12月