2020.12.27.

女性の健康をサポートするメディカルハーブ

ラズベリーリーフ

「 ラズベリーリーフ 」

【 学 名 】Rubus idaeus
【 科 名 】バラ科
【使用部位】葉部
【主要成分】フラボノイド配糖体(フラガリン)、タンニン(没食子酸、エラグ酸)、ビタミンC
【 作 用 】鎮静、鎮痙、収れん
【 適 応 】月経痛、月経前症候群(PMS)、 出産準備、下痢

ローズヒップ

「 ローズヒップ 」

【 学 名 】Rosa canina
【 科 名 】バラ科
【使用部位】偽果
【主要成分】 ビタミン C、ペクチン、植物酸、カロテノイド(リコペン、β-カロテン)、フラボノイド
【 作用 】ビタミンCの補給、緩下
【 適 応 】ビタミンCの消耗時の補給、インフルエンザなどの予防、便秘

レッドクローバー

「 レッドクローバー 」

【 学 名 】Trifolium pretense
【 科 名 】マメ科
【使用部位】花、全草
【主要成分】イソフラボン(ビオカニンA、ホルモノネチン、ゲニステイン、ダイゼイン、トリフォリリジン)、フラボノイド、フラボン(トリフォリン、イソラムネチン)、
【 作 用 】サリチル酸、p- クマル酸、精油成分
【 適 応 】ホルモン分泌調整、更年期障害、月経前症候群

ネトル

「 ネトル 」

【 学 名 】Urtica dioica
【 科 名 】イラクサ科
【使用部位】葉部
【主要成分】 フラボノイド(クエルセチン)、フラボノイド配糖体(ルチン)、クロロフィル、フィトステロール(β-シトステロール)、カロテノイド(β-カロテン)、ビタミンC、 葉酸、ミネラル(ケイ素、カルシウム、 カリウム、鉄)
【 作 用 】利尿、浄血
【 適 応 】花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患、痛風、リウマチ

ダンディライオン

「 ダンディライオン 」

【 学 名 】Taraxacum officinale
【 科 名 】キク科
【使用部位】根部
【主要成分】 イヌリン(多糖類)、タラキサステロール、苦味質(タラキサシン)、カフェ酸、ミネラル(カリウム、カルシウム)
【 作 用 】強肝、利胆、緩下、催乳
【 適 応 】肝胆系の不調、便秘、消化不良、リウマチ

ブラックコホシュ

「 ブラックコホシュ 」

【 学 名 】Cimicifuga racemosa
【 科 名 】キンポウゲ科
【使用部位】根部、根茎部
【主要成分】 アクティン、キミキフゴシド、イソフラボン (フォルモノネチン)、タンニン、精油
【 作 用 】ホルモン分泌調整、鎮静
【 適 応 】更年期障害、月経痛、月経前症候群 (PMS)

※改正食品衛生法により、2020 年 6 月から健康被害 情報の届出義務の対象となる

セージ

「 セージ 」

【 学 名 】Salvia officinalis
【 科 名 】シソ科
【使用部位】葉部
【主要成分】フラボノイド(ルテオリン)、精油(ツヨン)、タンニン(ロスマリン酸)
【 作 用 】抗菌、収れん、発汗抑制
【 適 応 】咽頭の炎症、口内炎、発汗異常

エゾウコギ

「 エゾウコギ 」

【 学 名 】Eleutherococcus senticosus
【 科 名 】ウコギ科
【使用部位】幹皮、根、根皮、葉、花、果実
【 主 要 成 分 】 リグナン(セサミン、リリオデンドロン、エレウテロシド)、トリテルペンサポニン
【 作 用 】抗疲労、免疫機能促進、血糖降下、心血管保護、抗炎症
【 適 応 】疲労、運動能力・集中力・持続力の低下、病後の健康回復

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第50号 2019年12月