2021.7.23.

ハーブを使ったクラフトで香を保つためのコツ

ホリスティックスクールニールズヤードレメディーズアロマ・ハーブ・フラワーエッセンス講師

多田晴子

Q. ハーブを使ったクラフトに挑戦。しかし香りがすぐに飛んでしまいました……。香りを保つためのコツは?

A. 香りが長持ちするハーブをブレンドしましょう。

ラベンダーは、上手に管理すれば数年香るので、香りの保留剤として他のハーブとブレンドしてみましょう。クラフトのイメージに合うスパイスを保留剤として利用するのもおすすめです。

甘い香りだったら、バニラをブレンド。お菓子作りの後の残った莢をカットして、ローズなどとブレンドします。シナモンやクローブはクリスマスのクラフトに。香りが立つように、砕いてから利用しましょう。

シナモン 学名:Cinnamomum verum
甘い香りをもち、菓子や紅茶、コーヒーの香りづけに使われるスパイス。シナモンの樹皮には消化機能を促進し、血液循環を高める効果があり、消化不良や吐き気、かぜによる咳や発熱によく用いられる。

ホリスティックスクールニールズヤードレメディーズアロマ・ハーブ・フラワーエッセンス講師
多田晴子 ただはるこ
資格対応講座や植物の魅力を様々なアプローチで楽しむ講座「ハーブスタジオ」を担当。フラワーアレンジメント・ハーバルセラピー教室Jardin dechocolatを自宅にて開催。JAMHA認定ハーバルプラクティショナー、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、CMBカラー・イメージコンサルタント、フラワーアレンジメント講師。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『HERB & LIFE』 VOL.19:2017年12月