2021.3.8.

ネトルと緑茶のブレンドティー

体質改善のためには、続けて飲むのがポイント

冬から始める 花粉症対策

毎年多くの人が悩まされている花粉症。つらい症状を少しでも和らげて快適に過ごすために、今年はちょっと早めにハーブを使った花粉症のセルフケアを始めませんか。花粉症をはじめとするアレルギー対策に役立つハーブの代表は、ネトル。アレルギー体質そのものを改善し、不快な症状を緩和してくれます。毎年つらい症状に悩まされている人は、花粉飛散のピークを迎える2か月くらい前から、ネトルをベースにしたハーブティーを摂るのがおすすめです。イブニングプリムローズも最近注目されているハーブ。日本では「月見草」と呼ばれ、種子から採ったオイルやサプリメントが販売されています。イブニングプリムローズオイルは必須脂肪酸であるγ-リノレン酸が多いのが特徴で、体内の炎症を抑える働きにより、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和します。酸化しやすく加熱調理には不向きなため、食材にそのままかけたり、飲み物に混ぜたりして使いましょう。

〔 用 具 〕ティーポット、カップ

〔 ドライハーブ 〕
ネトル ………………………1g
緑茶…………………………..2g
熱湯……………………200mL

1.ポットにネトルと緑茶を入れ、熱湯を注いだらふたをして5分ほど抽出する。
2.カップに注ぎ入れる。

POINT

ネトルはアレルギー体質改善の他、貧血の予防や栄養補給にも役立ちます。緑茶に含まれるカテキンにもアレルギー抑制効果があります。前症候群(PMS)、更年期障害に悩んでいる方にもおすすめです。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第54号 2020年12月