2022.5.30.

草餅:摘んできたヨモギの葉で作る春の和菓子

Herb Conditioning 探して、嗅いで、味わって身近なハーブを楽しもう

芽吹きの春、緑がまぶしい季節がやってきました。冬の間に縮こまった体を緩め、身近なハーブを探しに出かけませんか。

ハーブは、私たちの生活に役立つ“香り”のある植物の総称です。道端や土手、畑のあぜ道などもよく注意してみれば、“雑草”と思ってきた植物の中にも、体にうれしい効果をもたらしてくれるハーブがたくさんあることに気づくでしょう。

湿地や小川などの水辺に自生するセリは、春の七草の1つ。特有の香りと苦みの成分に、鎮静作用や解毒作用、利尿作用など優れた効能があります。

血行促進、抗菌、整腸、血液浄化など様々な効能をもつヨモギは、3~5月の若葉の頃が最もおいしい収穫時期。定番の草餅も、フレッシュハーブで作れば香りが際立ちます。

ハーブを採る時は、農薬や動物の糞尿などで汚染されていない場所を選び、再生できるように根は残して葉や茎だけ摘むようにしましょう。また、有毒植物を間違って食べてしまわないように、知らない植物は絶対に採らない心がけも大切です。ルールを守って、安全に春の1日を楽しんでください。

作り方

〔用具〕鍋、すり鉢、すりこ木、箸、耐熱ボウル、蒸し器、布巾

〔フレッシュハーブ〕ヨモギ 100g

塩 小さじ1/2
上新粉 150g
白玉粉 50g
ぬるま湯 150mL
砂糖 適量
きな粉 適量

作り方

1.ヨモギは茎を取り除く。鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩とヨモギの葉を入れて中火で2分ほどゆで、水にさらして水気を絞る。

2.①を細かく刻み、すり鉢に入れてする。

3.ボウルに上新粉、白玉粉を入れて混ぜ合わせ、ぬるま湯を少しずつ加えながら箸でぐるぐると混ぜる。ある程度混ざったら、耳たぶくらいのやわらかさになるまで手でよくこねる。

4.蒸し器に湯を沸かして固く絞った布を敷き、③をひと口大にちぎり入れ、布で包んだふたをして強火で20分ほど蒸す。

5.蒸し上がった生地をボウルに移し、②を入れてすりこ木でよくこね、8等分にして丸める。お好みできな粉や砂糖をまぶす。

POINT

ヨモギがすりにくい場合は、水を少し加えてください。すり鉢の代わりにフードプロセッサーでもOKです。

ぬるま湯の分量は、生地の状態を見ながら加減しましょう。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第59号 2022年3月