2022.3.25.

ドクダミローション

古くから日本では、化粧水や薬湯など、 体の清浄を保つためにもハーブを利用して きました。主に用いられたのは、ドクダミ、 ヨモギ、ビワの葉、モモの葉など抗菌作 用や抗炎症作用の高いハーブです。先人 に倣い、ドクダミのローションにトライして みましょう。肌荒れ、ニキビ、あせも、虫 刺されなどの予防・改善、美肌効果や美 白効果も期待できる万能コスメです。

用意するもの

  • 〔用具〕広口のガラス瓶、茶こし、ビーカー、保存容器
  • 〔フレッシュハーブ〕ドクダミの葉 約10枚
  • 40度のウォッカ(または35度のホワイトリカー) 180mL
  • グリセリン 小さじ1

作り方

  1. ドクダミは茎を取り除き、葉のみを水洗いしてしっかり水けを取る。
  2. 洗浄して乾かした瓶に①を入れ、ウォッカを注ぐ。
  3. ふたをして冷暗所に置き、1日1回瓶を振って混ぜる。
  4. 3週間ほど漬けたら、茶こしでこし、グリセリンを加えて保存容器に移す。

POINT: グリセリンを加えることで保湿力が高まりますが、好みで省いても構いません。その場合はサラッとしたテクスチャーになります。

ドクダミ

ドクダミ

【学名】Houttuynia cordata
【科名】ドクダミ科
【使用部位】地上部
【主要成分】精油(デカノイルアセトアルデヒド、ラウリルアルデヒド)、フラボノイド
【作用】利尿、緩下、解毒
【適応】便秘、吹き出物、高血圧、尿道炎、冷え、むくみ

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第59号 2022年3月