2021.4.30.

2021年7月届出公表分 新規機能性表示食品

「機能性表示食品」として新しく届けられた
ハーブ及びフィトケミカルを含む食品についてお知らせします。

届出番号  F957 
商品名  ノンアルツBee(ビー)
届出者名  株式会社山田養蜂場
機能性関与成分 プロポリスエキス(指標成分:アルテピリンC、クリフォリン)、クルクミン、イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、イチョウ葉由来テルペンラクトン、大豆由来ホスファチジルセリン
関与成分を含む原材料  プロポリスエキス
表示しようとする機能性
プロポリスエキス(指標成分:アルテピリンC、クリフォリン)、クルクミン、イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、イチョウ葉由来テルペンラクトン、大豆由来ホスファチジルセリン本品にはプロポリスエキス、クルクミン、イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、イチョウ葉由来テルペンラクトン、大豆由来ホスファチジルセリンが含まれるので、年齢とともに低下する認知機能のうち、記憶力(日常生活において会話や読み書きなどの基礎となる言葉や文字、行動を記憶し、思い出す力)や注意力・集中力(必要とする情報に意識を向け、正確に対処する力)、判断力(情報を処理し正確に判断する力)を維持する機能があります。
機能性関与成分の一日当たりの摂取目安量 アルテピリンCとして6mg、クリフォリンとして0.1mg

詳細は
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=42010160340103

〔参考〕
プロポリスエキスは、初登場です。
また、関与成分もエキスとしての届出で、第4号となります。製品自体は、関与成分は単独ではなく他の成分との複合での届出となっています。


届出番号  F950 
商品名  フコキサンノールDグラシトールプレミアム
届出者名  セルメディカ株式会社
機能性関与成分 微細藻類由来フコキサンチン
関与成分を含む原材料  微細藻類抽出物(フコキサンチン)
表示しようとする機能性
本品には微細藻類由来フコキサンチンが含まれます。微細藻類由来フコキサンチンには肥満気味の方のおなかの脂肪を減らす機能が報告されています。本品は、肥満気味でおなかの脂肪が気になる方に適した食品です。
機能性関与成分の一日当たりの摂取目安量 3mg

詳細は
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=42009120010105

〔参考〕
フコキサンチンが機能性表示食品に初登場です。
褐藻類中のカロテノイドの大部分がフコキサンチンと言われています。


届出番号  F1017 
商品名  クマ笹青汁
届出者名  株式会社ユニアル・ライフサイエンス
機能性関与成分 クマイザサ由来ホロセルロース
関与成分を含む原材料  クマイザサ粉末
表示しようとする機能性
本品にはクマイザサ由来ホロセルロースが含まれ、便秘傾向の方の便の状態(便の臭い)を整え、お通じ(排便回数)を改善することでお腹の調子を整えます。お腹の調子をすっきり整えたい方に適した食品です。
機能性関与成分の一日当たりの摂取目安量 クマイザサ由来ホロセルロース 2.2g

詳細は
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=42009140630103

〔参考〕
クマイザサ(クマザサ)は、機能性表示食品初登場。機能性は排便回数の改善だが、さらに便秘傾向の方の便の状態(便の臭い)を整えると機能性も書かれている。「便の状態(便の臭い)を整える」の機能は初出である。


届出番号 F1033 
商品名  Deepure(ディーピュア)プーアール茶エキス
届出者名  株式会社天士力薬品
機能性関与成分 プーアール茶由来没食子酸
関与成分を含む原材料  プーアールエキス末
表示しようとする機能性
本品には、プーアール茶由来没食子酸が含まれます。プーアール茶由来没食子酸には、食事の糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を穏やかにする機能が報告されています。
機能性関与成分の一日当たりの摂取目安量 プーアール茶由来没食子酸 18mg

詳細は
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=41912300030103

〔参考〕
プーアール茶由来没食子酸は、既に体脂肪を減らす機能(27mg/日)で届けられていたが、今回は、血糖値の上昇を穏やかにする機能(18mg/日)で届出。
没食子酸については、ターミナリアベリリカ由来のものが数多く届出られている。

(報告:千葉 一敏 学術委員)