2018.6.1.

夏の疲れを癒やすBlue Flower Cream

NEAL'S YARD REMEDIES

多田晴子

太陽の季節。紫外線でダメージを受けた肌を優しく癒やすクリーム作りはいかがですか。抗酸化作用に優れるバタフライピー(蝶豆)のアントシアニンや爽やかな香りでバランスを整えるラベンダーなど青い花々の癒やしの力を集めて夏のクリーム作りを楽しみましょう。

用意するもの

左上から時計回りに、ミツロウ、シアバター、精油、カメリアオイル、バタフライピー(乾燥)、乳化ワックス。

材料(約100mL)

  • バタフライピー(蝶豆)…10輪
  • ツロウ…5g
  • シアバター(精製)…5g
  • カメリアオイル…30mL
  • 乳化ワックス…5g
  • [ 精油 ]
  • ラベンダー… 6滴
  • ジャーマンカモミール…1滴
  • コリアンダー…3滴

用具

  • 湯煎用の鍋(大小各1)
  • 泡立て器
  • はかり
  • ビーカ
  • クリーム容器
  • 浸出液(ハーブティー)作りのためのティーポットまたは茶こし
バタフライピー(生花)
バタフライピー(蝶豆)Clitoria ternateaマメ科鮮やかな青色と花の様子が蝶に似ていることが名の由来。5~8月頃が花盛りとなる。殺菌、抗酸化作用などがあるといわれ、熱帯地域では古くから各部位を多目的に利用してきた。タイでは美しい青色のお茶が人気。

作り方

01. バタフライピー10輪をお湯80~100mLで15分程度蒸らし、インクブルーの濃い色が十分に出たら、漉して浸出液を作る(浸出液は50mL使用)。

02. Aを湯煎にかけて泡立て器で混ぜながら溶かす。全て溶けてしっかり混ざったら、❶の浸出液50mLを少しずつ加えながら泡立て器で混ぜ、全てが乳化するまで混ぜ合わせる。

03. 鍋を湯煎から下ろし、クリーム状になるまで泡立て器で混ぜ続ける。滑らかなクリーム状になったら、精油を加えて全体を混ぜ合わせる。

04. 冷めたらクリーム容器に移して、でき上がり。保存は冷蔵庫に入れ、2週間程度で使い切る。
*手作りコスメの使用は全て自己責任となります。必ずパッチテストを行ってから、ご使用ください。

arrange

・同じアントシアニンの色でも、バタフライピーの代わりにローズレッドを利用すれば、ローズピンクのクリームができ上がります。精油はローズ、ローズウッド、ゼラニウムなどがおすすめです。肌を輝かせるハーブの美しい色を楽しみましょう。
・植物油はカメリアオイル以外でも作れます。熱に強いマカデミアナッツオイルやホホバオイルなどがおすすめです。

NEAL'S YARD REMEDIES
多田晴子 ただ・はるこ
資格対応講座や植物の魅力を様々なアプローチで楽しむ講座「ハーブスタジオ」を担当。フラワーアレンジメント・ハーバルセラピー教室Jardinde chocolatを自宅にて開催。JAMHA認定ハーバルプラクティショナー、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、CMBカラー・イメージコンサルタント、フラワーアレンジメント講師。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第44号 2018年6月