2017.9.1.

【ヘアケア】健康な髪を維持するために

アルティ(株)代表取締役

中西一矢

はじめに

髪や頭皮には、パーマやカラー、スタイリング剤の使用により、シャンプーだけでは落としきれない、残留シリコンなどによる汚れが残っていたり、毛髪のパサつきやゴワつき、頭皮の皮脂によるベタつきや炎症などのお悩みをおもちの方も少なくないと思います。

近年、医療や美容分野で話題になっている炭酸泉の効果や炭酸循環ヘッドスパで使用するブレンド精油、また、高濃度の炭酸を溶かし込み、ハーブエキスを配合したシャンプーとトリートメントのもたらす効果についてお話します。

毛髪内部のpHを整える炭酸泉

高濃度の炭酸泉は、血流促進効果で、毛根の活性化が図れることはもちろん、実はカラーやパーマ、ヘアケア面でも大きな効果が期待できるのです。

ひとつは、炭酸が細胞の奥深くまで浸透し内部のpHを弱酸性に変える力をもっている点です。

これは炭酸にしかない力といっても過言ではありません。

毛髪内部はSS結合、塩結合、水素結合で構成され、この結合がしっかりしている状態だと、ダメージを受けにくく、健康な状態になります。

等電点はpH4.5~5.5の弱酸性領域。

しかしパーマやカラー施術、シャンプー剤などにより髪はアルカリ性に傾き、それがダメージを進行させる原因となりがちです。

このときpHが4.7~5.3の炭酸泉で洗うと、髪の奥深くまで浸透した炭酸が、毛髪内部を等電点に引き戻します。

結果、アミノ酸の結合が正常に戻り、髪は健康な状態に戻ると考えられます。

浸透性の高さが残留物をはじき出す

炭酸は「深く浸透する」という性質で、髪に対するデトックス効果を発揮し、炭酸の力で、内部に残るシリコンなどの不要なコーティング類をはじき出します。パーマやカラーの前に炭酸泉を使用すると、薬剤の浸透がよりスムーズになります。

皮脂による頭皮のベタつきや、臭い、ボリュームが出ないなどのお悩みにも、毛穴の皮脂がしっかり取れ、頭皮の血行もよくなることで毛根へのよい影響も期待でき、髪のコシやツヤの回復へもつながっていきます。

この炭酸泉を使用した循環ヘッドスパで使用するブレンド精油(ハーブコンク)、炭酸を高濃度で溶かし込んだエルデュールスパシャンプーとトリートメントを組み合わせた使用法で、より効果を実感できます。

植物と炭酸の相乗効果

炭酸が溶け込んでいる湯を循環させる、ヘッドスパと植物の力を利用するブレンド精油の相乗効果で、髪に、身体に、心にアプローチし、健康な髪・頭皮のキレイをサポートしていきます。

ハーブコンク

ベルガモット精油・ラベンダー精油が中心のハーバル系
イランイラン精油・ローズウッド精油が中心のフローラル系
ベルガモット精油・マンダリン精油が中心のシトラス系

健康な髪を保つためのホームケア

豊かな泡立ちで炭酸頭皮クレンジング

……エルデュールスパシャンプ

頭皮の汚れをトリートメントで落とす

……エルデュールスパトリートメント

1 高濃度炭酸で頭皮環境改善

特殊技術で溶かし込んだ炭酸のチカラにより、髪の根元の汚れや毛穴の汚れをやさしくすっきり落とし、健やかな頭皮環境へと改善します。

2.やさしい天然アミノ酸系の洗浄成分

髪と肌にやさしい洗浄力のアミノ酸系のノンシリコン・シャンプー。必要な潤いは守り、汚れだけをしっかりと落とします。

3. 新素材アナゲインが、育毛効果と脱毛抑制効果に

エンドウ豆の新芽抽出エキス、アナゲインを配合。休止期の毛乳頭に作用して、成長期への移行の手助けをします。必要な潤いは守りながら、汚れだけをしっかりと落とします。

4. ゲルマニウムとプラチナが、洗うたび若々しい髪へ

抗酸化作用で頭皮と毛髪の老いを防ぐ、プラチナとゲルマニウムを配合。若々しい美しい髪に導きます。

5. 頭皮に直付じかづけできる炭酸トリートメント

特殊技術で炭酸を練り込んだホワイトクレイは毛穴の汚れをやさしくすっきり洗浄し頭皮環境を改善。デリケートな頭皮にも対応、健やかな頭皮環境へと改善します。

6. 12種類のハーブエキスが、頭皮と毛髪へ栄養を

12種類の植物エキス混合のヨーロッパ産アルパインハーブエキスを配合。たっぷり保湿し、頭皮と毛髪にハリと栄養を与えます。

7. 天然成分が髪の潤いをキープし、美しい髪が続く

繭糸由来のシルク、トウモロコシデンプン由来のトレハロースを配合。保湿性に優れ、髪のダメージを補修します。

 

高濃度の炭酸が溶け込んだ新感覚の髪の美容液

……エルデュールヘアセラム

独自処方により溶け込ませた高濃度の炭酸でキューティクルを整えツヤのあるなめらかな髪へ導きます。

さらに老化の原因のひとつでもある活性酸素をフラーレンで除去します。

保湿成分ヒアルロン酸を髪への吸着力を高めた、ヒアロベールを配合。吸着力はヒアルロン酸の290倍。

おわりに

ケミカルの技術と、相反するハーブエキスや精油などの自然の産物ですが、物の合わせ方によって相乗効果が生まれ、髪の健康維持に役立つ使い方をご提案することができます。

この新しい分野にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

(参考文献)

1)ヴィータ(株),最先端ケミカルサイエンスvol.65.
2)ヴィータ(株),炭酸泉の魅力

アルティ(株)代表取締役
中西一矢 なかにし・かずや
旭川を本拠地として4店舗のヘアサロンを運営、ネイルサロン・ハーブ・アロマ専門店、オーガニックエステほかのスクール事業を展開。
化粧品製造業・製造販売業の許可を取得し、自社ブランドのシャンプー、トリートメント、化粧品の製造販売を行っている。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第41号 2017年9月