2022.5.26

2022年1月届出公表分 注目の機能性表示食品

【届出番号】G892 【商品名】グッスリン2-V

  • 【届出者名】株式会社沖縄県物産公社
  • 【機能性関与成分】cクワンソウ(アキノワスレグサ)由来オキシピナタニン
  • 【関与成分を含む原材料】アキノワスレグサ抽出物、アキノワスレグサ葉
  • 【表示しようとする機能性】本品にはクワンソウ(アキノワスレグサ)由来オキシピナタニンが含まれます。クワンソウ(アキノワスレグサ)由来オキシピナタニンには、睡眠の質を高める(起床時の眠気及び疲労感の軽減)をサポートする機能があることが報告されています。
  • 【機能性関与成分の一日当たりの摂取目安量】2000μg
  • 詳細へ
  • 【参考】原材料のクワンソウ(アキノワスレグサ)も、成分のキシピナタニンも、機能性表示食品初登場

【届出番号】G905 【商品名】肝セラクルミン

  • 【届出者名】株式会社セラバリューズ
  • 【機能性関与成分】クルクミン
  • 【関与成分を含む原材料】ウコン色素
  • 【表示しようとする機能性】本品には高吸収クルクミンが含まれます。本品に含まれているクルクミンは、肝機能酵素ALTの健常域でやや高めの値の低下に役立つ機能があります。ALT値は、肝臓の健康状態を示す指標の一つです。
  • 【機能性関与成分の一日当たりの摂取目安量】180㎎
  • 詳細へ
  • 【参考】以前届けられていたA172は既に一昨年撤回されており、今回新たに試験を行って届出されている。A172では、「健康な人の肝臓の機能の一部である肝機能酵素(GOT、GPT、γ-GTP)に対して健常域で高めの数値の低下に役立ち、健康な肝臓の機能を維持します。」となっていたが、今回は、ALTのみの低下で届けられている。クルクミンとビサクロンの2成分での肝機能の届出はあるが、クルクミン単独は初の届出となる。

(報告:千葉 一敏 学術委員)