2022.1.2.

血中ビタミンD濃度とCOVID-19の
罹りやすさや重症度との関係

感染前数週間の居住地周辺の紫外線B放射量(皮膚でのビタミンD生産のカギとなる)が、COVID-19の重症度や死亡リスクに関係しているかもしれない、というトリニティ・カレッジ・ダブリンからの研究報告。 研究チームは、英国バイオバンクの417,・・・
この記事を閲覧するためにはログインが必要となります。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第58号 2021年12月