2021.3.15.

アーユルヴェーディック スパイスと食事 ハチミツジンジャー

生活の木ハーバルライフカレッジ講師

阿部しずか

冬になると、アーユルヴェーダでは「ヴァータ」という風の季節がやってきます。
肉体的には冷え、凝り、乾燥、精神的には不安感や焦り、心配症になりやすい季節。そんな時季におすすめなのが、スパイス類。アーユルヴェーダでは食べたものは、どんなものでも薬になり得ると考えます。
冬は甘味、塩味、酸味、温かい、重たい、湿っている性質のものを積極的に摂りましょう。今回は冬におすすめの、スパイスを使った調理法をご紹介します。

ハチミツジンジャー

[ 材料 ]
ショウガ………………… 小さじ1
ハチミツ……………… 500mL
クローブ……………………… 少々

[ 用 具 ]
包丁、まな板、熱湯消毒した容器など

作り方

①ショウガをよく洗い、スライスする。
②熱湯消毒した保存容器に❶とクローブを入れたら、ショウガとクローブが浸かるまでハチミツを入れる。保存容器に移し替えれば完成。

POINT
ハチミツがショウガの上までかぶっていれば常温保存もできます。はちみつが減ってきたら、冷蔵庫保存をおすすめします。しっかり浸かった1週間後からが食べ時。アーユルヴェーダでは生のハチミツをよしとしていますが、手に入らない場合は良質のハチミツをご準備ください。

消費期限:3か月程度

※1歳未満の乳児にはハチミツを与えないでください。

arrange ハチミツジンジャーのアレンジ

ジンジャーエール

ハチミツジンジャー
シロップ+炭酸
レモンを絞っても◎

生姜湯

シロップ+お湯

ハチミツジンジャー ヨーグルト

ハチミツジンジャー シロップ+ヨーグルト

ホットワイン

シロップ+赤ワイン+シナモンステックなど

その他、紅茶やハーブティーに入れたり、お菓子作りの甘味にしたり、様々なシーンで楽しめます !

アーユルヴェーダとは ?

5,000年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療。「よりよく生きるための教え」として、瞑想やヨガ、オイルマッサージ、呼吸法、ハーブを用いた食事療法などを毎日の生活に取り入れて、病気を予防し、心と体の健康を保つことを目的としています。

生活の木ハーバルライフカレッジ講師
阿部しずか あべしずか
アーユルヴェーダサロン AYUSHAにてセラピストとして活動後、セラピスト講座講師として活動。JAPAアーユルヴェーダセラピスト養成講座、アーユルヴェーダアドバイザー養成講座、AEAJアロマセラピスト養成講座、アロマハンドセラピスト養成講座など、セラピスト講座担当。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第54号 2020年12月