キーワード: MHVOL42

2020.07.01
ペットを癒すフラワーレメディー

はじめに 人の世界ではホリスティック療法が取り沙汰されている現在、伴侶動物も現代医療にとらわれずに、その動物が自らもっている自然治癒力に重きを置いたホリスティック的な健康維持、病気・・・

越久田活子

委員会報告

当協会では、今までに、メディカルハーブ検定(メディカルハーブコーディネーター)、ハーブ&ライフ検定(ハーブ&ライフコーディネーター)、ハーバルセラピストコース、その上位のシニアハーバルセラピストコース、さらに専門的な内容であるハーバルプラクティショナーコースとホリスティックハーバルプラクティショナーコースを行っております。

降矢英成

委員会報告

2018年の海外ハーブツアーはイタリアです。インターネットでご紹介、申し込みが始まっており、すでに多くの方々にお申し込みいただいております。ご予定の都合のつく方は、ぜひお早めにお申し込みくださいませ。

桂川直樹

委員会報告

去る10月15日、第18回JAMHAシンポジウムが行われました。初めて秋の開催ということで、個人的には参加者の減少を心配していましたが、約300人の皆様にご参加いただくことができました。まずはひと安心というところです。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。シンポジウムの内容につきましては他に譲ることにします。

栗原栄吉

委員会報告

会員の皆様に愛される紙面作りを目指してきました会報誌ですが、創刊から10年を経過するにあたり『MEDICALHERB』、『HERB&LIFE』両会報誌ともにリニューアルを行う予定で、ただ今プロジェクトを進行中です。先般、会報誌の中でアンケートをとらせていただき、多くのご意見をいただきましたが、新しい会報誌には会員の皆様のお声をできるだけ反映する所存です。メディカルハーブが皆様の生活の中で、より身近でより役立つものになるよう、会報誌が更なるお手伝いができる媒体になればと思っております。もちろん更なる知識をつけていただけるよう、国内や海外の新情報などもJAMHAならではの情報網を生かし、積極的に掲載していきたいと思います。

三浦利加子

委員会報告

現在、来年の協会ウェブサイトの大幅リニューアルを計画しております。この会報誌がお手元に届く12月の上旬~中旬に、まずはスマートフォン対応のアップデートを行います。その後、来年度中にデザインやデータベースを含めて大幅なリニューアルをいたします。ウェブサイトはこれまでに何度かリニューアルをしてきましたが、今回はより大きな改定となる予定です。今後、デザインのリニューアル以外にもさまざまな新しいサービスを加え、利便性を向上させたいと考えております。

金田太朗

2017.12.01
石垣島で植物とともに生きる

協会のイメージキャラクターを6年間お引き受けいただきましたが、ご自身や周りの方との関係に変化はありましたか?

吉本多香美

2017.12.01
ホーソン

ホーソン(セイヨウサンザシ)はバラ科の落葉低木で、原産地はヨーロッパ、北アフリカ、西アジアとされ、現在では世界各地に広く分布しています。5月に白やピンクの花を咲かせることからメイフ・・・

2017.12.01
メディカルハーブの製造・消費事情とその背景 in オーストラリア

はじめに 今回は、オーストラリアでのメディカルハーブの製造と消費の事情とその背景についてご紹介したいと思います。 メディカルハーブの歩み オーストラリアでのメディカルハーブは、19・・・

いせゆか

ローズマリー

Rosmarinus officinalis しそ科・常緑低木 シンボル:変わらぬ愛、記憶、幸福な結婚 幸福な結婚を導く花──古代ギリシャ 香りが強く、いつまでも残ることから、ロー・・・

杉原梨江子