2014.9.1.

『植物は人類最強の相棒である』

田中修 著

田中修 著
『植物は人類最強の相棒である』

  • 発行 PHP研究所
  • 新書判280ページ(うち16ページ口絵)
  • ISBN 978-4-569-81879-5
  • 定価907円(税込)

《内容紹介》

『植物はすごい』(中公新書)で「からだを守って生きる」という視点から植物の「すごさ」を紹介した著者が、今度は植物を「人類最強の相棒」と位置づけて、植物の計り知れない能力を紹介します。植物は厳しい環境にも適応できる、植物は野菜や果物、穀物となって地球上の動物の栄養源になってくれる、植物を栽培 すると、その秘めた能力を見せてくれる。これが植物 は「人類最強の相棒」という3つの理由です。

ワカメやコンブなどの褐藻類は、茹でるとなぜ鮮や かな緑になるのか、レンコンに9個の穴があるわけは、 麦を収穫するのになぜわざわざ「麦踏み」をするのか、 和名が学名に入っている植物は、など「植物トリビア 本」としても楽しめます。

何も語らないけれど、その美しさで心を癒してくれ る植物。食糧としてわれわれ人類や動物の命をつない でくれる植物。植物の魅力と能力と可能性に驚かされ る一冊です。

【目次より】

  • 四億年前の相棒の上陸
  • ヒマワリのタネは、タネではない?
  • 最古の栽培作物は?
  • 「実用化不可能」のはずのハイブリッド・ライスが出現
  • なぜ、ブランド品種の見た目や味は同じなのか?
  • 暑い夏のビニールハウスの意味は?
  • フキノトウの言い伝え
  • 和名が学名になっている植物は?

AMAZONで購入

田中修 著
京都大学農学部卒業 京都大学大学院博士課程修了 スミソニアン研究所(アメリカ)博士研究 員などを経て、現在甲南大学理工学 部教授。農学博士 専門:植物生理学
著書に『タネのふしぎ』(アイ新書、ソフトバンククリエイティブ 2012年) 『植物はすごい』(中公新書 2012年) 『植物のあっぱれな生き方』(幻冬舎新書 2013年) 『フルーツひとつばなし』(講談社現代新書 2013年) 『植物は人類最強の相棒である』(PHP新書 2014年) 『植物は命がけ』(中公文庫 2014年)他多数

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第29号:2014年9月