2013.10.28.

「光毒性」「光アレルギー」「光感作」の定義を教えてください

2012年11月13日に公表された日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)調和3極ガイドラインのS10(光毒性)「医薬品の光安全性評価ガイドライン」Step2には、「光毒性」と「光アレルギー」について定義しています。

(1)光毒性(光刺激性)とは、光照射によって産生される光反応物質に対する急性の組織反応を指します。
(2)光アレルギーとは、光化学反応によって化学物質がタンパク質不可体などの光反応生成物を形成することにより引き起こされる免疫を介した反応を指します。

また、このガイドラインでは、「光感作性とは、光照射によって引き起こされる組織反応に対する一般用語」としてときおり使用されています。しかしながらこのガイドラインでは光毒性と光アレルギーを明確に区別するためにこの用語を用いないこととしています。