RESEARCH

2017.03.01
【日本メディカルハーブ協会委託研究】メディカルハーブと医薬品との相互作用および新・・

1. 研究の背景と目的 近年の国民の健康志向の高まりに加え、医療費の抑制のためにセルフメディケーションが注目されている。セルフメディケーションの実施には、OTC医薬品はもとより健康・・・

須永克佳 城西大学薬学部医療栄養学科 薬物療法学講座准教授

アーティチョークの機能成分シナロピクリン・・

遺伝子のスイッチ 私たち人間の身体の中には約2万個の遺伝子情報があり、さらに遺伝子のひとつひとつをコントロールするスイッチの役割をもつ物質があります。このスイッチが暴走して働くこと・・・

田中清隆 一丸ファルコス(株)開発部研究開発課主査博士(医学)

JAMHA委託研究・学術研究発表セミナー・・

メディカルハーブは伝統的に使用されているものが多く、かつてはその長い使用経験に基づいて評価されていました。現在では、その有用性などが科学的手法によって明らかにされつつありますが、未・・・

金田俊介 日本メディカルハーブ協会

2016.11.07
チョークベリージュースの飲用で、血圧と脂質レベルを改善・・

チョークベリージュースの飲用で、血圧と脂質レベルを改善 2011年ごろからアメリカでは国をあげてフルーツ&ベジタブルを食べるようにという政策がとられています。これはアメリカ合衆国農・・・

(要約・コメント加藤絹子) Kardum N, Milovanović B, Šavikin K, et al.

2016.10.24
レスベラトロールによるアルツハイマー病予防の可能性・・

レスベラトロールは赤ワインやチョコレートなどに含まれている抗酸化物質です。アメリカでアルツハイマー病患者を対象とした臨床試験が実施され、レスベラトロールを経口投与した群が病状の進行・・・

Turner RS et al. (コメント、翻訳:桂川直樹)

2016.10.06
アロエベラが糖尿病の血糖値を下げる・・

アロエベラはさまざまな気候環境の中で生育する作物です。熱帯雨林でも乾燥地帯でも栽培できるため、食材や医薬品としてよく用いられています。食品としてはさまざまな商品に使われていますので日常的に目にする機会も多いと思います。医薬品としては、おもに傷や火傷を治療する伝統薬として世界の多くの国々で使われています。傷や火傷以外にもヘルペスや乾癬などの皮膚科系薬、歯肉炎や歯垢などの歯科、潰瘍性大腸炎や消化器疾患など多くの領域で利用されることがあるようです。ただしいずれも科学的な証拠が十分ではないようです。これまでにアロエベラが糖尿病の血糖値を下げるという臨床試験結果がいくつかでているものの、研究結果にバラツキがあり一貫性のある結果が得られていませんでした。そのため、タイの研究グループが、これまでに公表されている論文を網羅的に検討し、アロエベラが糖尿病の血糖値を下げる効果があるのかどうかを検討したレポートを紹介いたします。(コメント:桂川直樹)

Suksomboon N et al. (コメント、翻訳:桂川直樹)

2016.06.30
脂溶性である精油成分は血中でどのような形で存在しますか・・

A: 血液中に入った薬の分子はタンパク質と結合しますが、それが一部の分子のこともあれば、ほぼすべての分子が結合することもあります。 血液中の精油成分の存在の仕方は、血液中での薬とタ・・・

2016.06.21
シナモンが月経困難症の鎮痛に?・・

最近多いイランでの臨床試験です。月経困難症は原発性(機能性)または続発性(器質性)いずれかとして分類されます。原発性月経困難症は、子宮内のプロスタグランジン過剰産生によって引き起こ・・・

コメント・翻訳:桂川直樹 日本メディカルハーブ協会国際情報委員会

2016.06.06
緑茶が認知症の予防に?

金沢大学が緑茶を摂取するとことで、認知機能低下のリスクを下げる発表をしています。論文は英文で発表されているため、以下に要約の翻訳文を紹介させていただきます。 認知症を治す根本的な治・・・

翻訳・コメント:桂川直樹 日本メディカルハーブ協会国際情報委員会

2016.05.24
高コレステロール血症ラットにおける体重増加および酸化還元状態に対するアガベ・テキ・・

Effects of consuming diets containing Agave tequilana dietary fibre and jamaica calyces on・・・

翻訳・コメント:加藤絹子