2019.7.2.

メディカルハーブベーシックセミナーin大阪

ハーバルセラピスト

中山 麻希子

2019年6月16日、新梅田研修センターで開催されたメディカルハーブベーシックセミナーin大阪に参加しました。

ただただ楽しかったです。担当してくださいました先生方、ありがとうございます。大阪でのメディカルハーブベーシックセミナーのプログラム1はカレンデュラを使用し、軟膏を作るワークショップ型セミナーの『メディカルハーブで軟膏を作ろう!』(高田芳子先生)、プログラム2はエルダーフラワーを使用し、ハーブコーディアルを作るワークショップ型セミナーの『ハーブコーディアルを作ろう』(橋本良枝先生)でした。

プログラム1・2両方とも前半は座学、後半は実習を行いました。ハーブとはなにか?からはじまり、軟膏やコーディアル、植物化学成分(フィトケミカル)、ハーブの活用方法、冷浸油・温浸油、カレンデュラ・エルダーフラワーを中心とする軟膏やコーディアルにおすすめのハーブについての話を行ってからの実習でした。講師の高田先生、橋本先生のお話は実体験を交えながらのお話で、聞きやすいうえに楽しく、あっという間のセミナー終了時間となりました。

実習は1人で実習するのではなく、8人~9人の4つのグループに分かれて行いました。隣のグループはどんな感じで作っているのかと様子を伺うなど和気あいあいとした雰囲気で行えた実習でした。実習中に疑問に思ったことは担当の先生に直接質問できたことも良かったと思います。

軟膏とコーディアルのレシピはテキストと一緒じゃなきゃダメなのか?という質問があり、軟膏の材料は季節によって量を変えたり好みの固さに調節したりできること、またコーディアルは砂糖の量によって保存期間が違うことを教わりました。

軟膏のレシピは「メディカルハーブ検定」、コーディアルのレシピは「ハーブ&ライフ検定」テキストに記載されており、以前、この2冊を見ながら自宅で軟膏やコーディアルを作ったことがありますが、作り方や固さ、味や使い方がよく分からず酸化させてしまい、使えなくなったことがありました。

今回のベーシックセミナーでは、軟膏とコーディアルのレシピのおさらいができ、これからのハーバルライフに取り入れていきたいと改めて思うセミナーでした。