2021.3.22.

北海道地区イベント報告 : ハニーガーデンで体験 ! メディカルハーブとアピテラピー

ハーバルセラピスト

増田順子

日程:2020年9月6日 会場:ラ・ターブルベール(石狩市)

9月6日、札幌の北に位置する石狩市「ラ・ターブルベール」のオーガニックハーブガーデンにて、「メディカルハーブとアピテラピー(蜂蜜療法)」が開催されました。

このガーデンで養蜂をされている尾形先生による、ホーリーバジルの蒸留体験がありました。ホーリーバジルを蒸留している間、ガーデン散策でハーブや蜜蜂が好む植物のお話があり、ハーブ摘み取りができ、香りよく楽しかったです。

ホーリーバジルのよい香りの芳香蒸留水をいただきました。ランチは、ガーデンのハーブを使用しハーブの香りがよくおいしいお弁当です。

午後のセミナーは、尾形先生による「アピテラピーを知る」です。アピテラピーとは、「蜜蜂療法」。世界中のアピテラピーの伝承。蜂蜜の主要成分は糖質と各種ビタミン、ミネラル等。蜂蜜の主要な作用は、抗菌、美肌効果、生活習慣病の予防等。ストレスが溜まると甘い物がほしくなりますが、砂糖より蜂蜜少量で長く幸せになり、免疫が高くなるそうです。アーユルヴェーダの蜂蜜のお話もあり、皆さん熱心に聴講していました。

最後に、植物由来の多様な成分を含んだ蜂蜜とハーブはとても相性がよく、古くから親しまれ、甘くおいしい蜂蜜を日々の健康管理に利用していただけたらと思いますと尾形先生はお話されました。ハーブガーデンや蜂蜜で五感を感じるイベントで、とても癒され学ぶこともできた日でした。尾形先生、JAMHAスタッフの皆様ありがとうございました。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第54号 2020年12月