【東京】学術フォーラム#366


¥8,000

※受付終了いたしました。

第一回の開催となる、学術フォーラム。
テーマは、『ハーブの機能性と相互作用~ゲノミクスとデータベース』と題し、植物や機能性食品に含まれる物質の遺伝子研究をされている東京大学大学院特任教授 阿部啓子先生と、『食品-医薬品相互作用データベース』を作成、公開されている城西大学薬学部教授 須永克佳先生をお招きし、ご講演をいただきます。

 

☆プログラム1
【タイトル】『次世代機能性食品の開発と未病マーカー』
講演者
・阿部 啓子(あべ けいこ)東京大学大学院 特任教授
(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 Gリーダー

 

☆プログラム2
【タイトル】『ハーブと医薬品の相互作用の基礎と食品-医薬品相互作用データベース』
講演者
・須永 克佳(すなが かつよし)城西大学薬学部医療栄養学科
薬物療法学講座 教授

【参加費】会員5,000円(JAMHA会員)/ 一般8,000円
※会員様価格をご希望の方は、会員ログイン後にお申込みください。
【定員】100名 ※定員に達し次第、締め切りいたします。
【日時】2019年9月29日(日)12:50~17:00(12:30~受付開始)
【会場】東京農業大学 世田谷キャンパス  東京都世田谷区桜丘1-1-1
※会場地図の入った参加票をお送りいたします

【主催】特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
【後援】一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会
【申込締切】9月18日(日)

在庫切れ

商品カテゴリー: