2015.12.1.

町の花から地域活性化─レンギョウ葉の活用─

北海道医療大学名誉教授

西部三省

1.はじめに レンギョウ(連翹)Forsythia suspensa(Thunb.)Vahlはモクセイ科レンギョウ属の落葉性低木広葉樹である。 新潟県新発田市紫雲寺地区(旧北蒲原郡・・・
この記事を閲覧するためには ログイン が必要となります。
北海道医療大学名誉教授
西部三省 にしべ・さんせい
1959年名古屋市立大学薬学部卒、北海道医療大学名誉教授、日本杜仲研究会会長、薬学博士。専門:生薬、植物化学。著書に『エゾウコギの超力』(毎日新聞社・共著)、『機能性食品ガイド』(講談社・共著)ほか。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第34号:2015年12月