2017.3.1.

アーティチョークの機能成分シナロピクリン

一丸ファルコス(株)開発部研究開発課主査博士(医学)

田中清隆

遺伝子のスイッチ 私たち人間の身体の中には約2万個の遺伝子情報があり、さらに遺伝子のひとつひとつをコントロールするスイッチの役割をもつ物質があります。このスイッチが暴走して働くこと・・・
この記事は会員専用コンテンツです。 この記事を閲覧するためには ログイン が必要となります。
一丸ファルコス(株)開発部研究開発課主査博士(医学)
田中清隆 たなか・きよたか
信州大学大学院農学研究科修了後、一丸ファルコス(株)入社。その後、名古屋市立大学大学院医学研究科修了、博士号取得(医学)。主に植物由来成分の機能性解析および化粧品原料開発に従事。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第39号 2017年3月