2017.9.1.

生活習慣病の予防に役立つミカンに多いβ-クリプトキサンチン

農業・食品産業技術総合研究機構カンキツ流通利用・機能性ユニット長

杉浦実

1.はじめに β-クリプトキサンチンはオレンジや柿などの果物に広く含まれていますが、日本のウンシュウミカン(以下、ミカン)に特徴的に多く含まれているカロテノイド色素です。カロテノイ・・・
この記事は会員専用コンテンツです。 この記事を閲覧するためには ログイン が必要となります。
農業・食品産業技術総合研究機構カンキツ流通利用・機能性ユニット長
杉浦実 すぎうら・みのる
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 カンキツ流通利用・機能性ユニット長
すぎうらみのる薬学博士。ミカンなど国産主要果実の健康機能性に関する研究を細胞レベルからヒトレベルまで幅広く実施している。これらの産学官連携による研究成果を生鮮物として初めて機能性表示食品につなげた。

初出:特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会会報誌『 MEDICAL HERB』第41号 2017年9月